• aroma-trove

静岡県産赤紫蘇アロマ&エキス

最終更新: 6月1日

もうすぐ梅雨入りしそうなお天気の今日この頃ですが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。


緊急事態宣言が解除され、少しずつ在宅勤務から、オフィス勤務への移行が始まりつつあるような印象です。


ウィルスが撲滅されたわけではありませんので、引き続き、皆様ご自愛なさってください。



さて、本日は、静岡県産の赤紫蘇アロマ&エキスについて簡単にご紹介させていただきます。


シソは、和風ハーブの代表格とも言われ、日本での栽培の歴史は古く、平安時代からと言われています。皆様ご存じの通り、シソには緑色と赤色があり、刺身の下に敷いてあるのは青ジソ、シソジュースや梅干しに使われるのが赤ジソです。


赤紫蘇は、ポリフェノール含量および抗酸化性が高いことが知られており、シソ科植物に含まれるロスマリン酸は、抗アレルギー作用や抗酸化作用などの機能性を有することが知られています。


赤紫蘇の赤い色は、シソニンという色素によって赤色に染まっています。このシソニンは、酸と反応することで鮮やかな赤色になる特徴があり、梅干しを赤く色付けします。


シソニンには、体内で作られた活性酸素を除去する強い抗酸化作用があり、動脈硬化の予防やアンチエイジングの効能が期待できます。また、香り成分には細菌の繁殖を抑える作用があり、生物が腐ったり、カビたりするのを防いでくれます。


鮮やかな色、すっきりとした香り、そして多くの効能が期待できる赤紫蘇の梅酢塩漬け抽出エキス(脱塩しております)と、抽出エキスを蒸留し、香気成分を回収したアロマの製造・販売を開始致しました。


エキスは色も味もあるので、そのまま冷菓や飴玉、飲料、もしくはドレッシング等の原料としてお使いいただけます。


アロマについては、色はほんのりピンク、赤紫蘇の香りを生かした商品(例えば、冷菓、飲料、化粧品、香料のアクセントとして)にお使いいただけます。



また、副産物ではあるのですが、脱塩した際の塩は、こんな可愛らしいピンクに染まっています。


若干、赤紫蘇の味もするピンクの塩。

こちらはバスソルトや、サラダや高級菓子のトッピングとして使えるのでは!と想像しております。何か名案のある方、是非ご意見をお聞かせください!


日本独特の香りである赤紫蘇。


今後ユズと同様、海外でも益々注目されるのでは!と考えております。





〒101-0035東京都千代田区神田紺屋町34 東和神田ビル

電話番号: 03-6271-7932 Fax: 03-6271-7933